こころの専門家

ptsdは早期に的確な検査をして治す~うつ撃退マネジメント会館~

Topic

精神的な病気の一種

看護師

人はそれぞれ意思というものを持っています。その意志が強い人もいれば、弱い人もいます。意志が強い人に関しては、ストレスを感じたり、精神的な苦痛を感じたりしても自分の力で前向きに人生を切り開いて行くでしょう。そういう人はその強い意思で周りへも良い影響を与えるので、とても影響力があります。しかし、意志が弱い人は、ストレスや精神的な苦痛を感じることで、生きているのが嫌になったり、何も手につかなくなったりします。そうなってしまうと、生きていても苦痛ばっかり感じてしまうので、心が沈んでしますのです。そういった症状が続くと、人はうつ病と診断される可能性があります。

精神的な病としてうつ病がありますが、なにもうつ病だけが精神的な病というわけではありません。中にはptsdという病気もあります。ptsdというのは、精神的に感じている日々のストレスや、大きな事故などで起きた精神的なショックを抱えてしまい、心が苦しめられる症状を言います。正式な日本での名称は心的外傷後ストレス障害と言います。例えば、日本だと地震が起きます。地震が起きると、時として家が崩れ、土砂災害に巻き込まれる可能性もあるでしょう。そういった被害に合った人達は、その自体から逃れたとしても、不安だけが残り精神的な苦しみを感じてしまう場合があります。他にも、火災などの被害や暴力的な被害にあった際に、それが記憶に残ってしまい、その後の人生を苦しめる結果になってしまうこともあるのです。そういった症状がptsdの症状です。

ptsdにかかってしまった人の中には、それが病気だと分からない人もいます。病気ではなく、ただ自分の性格などのせいで悪い方向に考えてしまい、余計に自暴自棄に陥って悪い方向に行く可能性もあります。しかし、ptsdは性格などの問題ではなく立派な病気の一種なのです。これは知らない人も多くいますが、病気の1つであるため、実際に診断を受けて、治療を施して治す事もできます。知らずにそのままにしておくと、人生がどんどん悪い方向に行き、最悪のパターンとしては自分で自分の命を落とすということもあるのです。せっかく治療法というものが日本にも確率されているのに、それを知らずに自殺をしてしまっては意味がありません。だからこそ、まずは知ることが大事になってくるのです。病気としての認識をしているだけで、改善方法を見つけ出すことはできます。また、自分がそうなった場合もそうですが、周囲の人手ptsdのような症状が出た場合にも、教えてあげることでより認知が広がっていくでしょう。